スポンサーリンク

【CBD】CBDオイルが大人気。大麻成分だが違法か合法か解説

CBD
この記事は約4分で読めます。

みなさん、CBDオイルを買うときに違法性の確認したことありますか?

この記事では、

CBDオイルって本当に逮捕されない?

大麻由来の成分って怪しい。。。

ここに焦点をあて、解説していきます。

スポンサーリンク

CBDオイルは違法ではなく合法です

CBDオイルの主成分は、その名の通り「CBD」です。

「CBD」とは、大麻に含まれる主成分の「カンナビノイド」の一つです。

結論、「CBDオイル」は例外を除けば合法です。

「カンナビノイド」については、下記記事を参考にしてください。

テレビやネットニュースで「芸能人○○が大麻所持で逮捕!!」なんて報道されているのも事実です。

大麻所持で逮捕されるんだから、CBDオイルも違法と勘違いしても不思議じゃないです。

「大麻=違法」という概念が出来上がっているので、仕方ないと言った方が正しいかもしれません。

では、なぜ合法なのか確認していきましょう。

大麻取締法の内容

合法か違法か確認する手段は一つしかありません。

「大麻取締法」の違法用件を確認することです。

第一条

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

厚生労働省:大麻取締法

「大麻取締法」によれば、大麻草全体を規制しているわけではないことが明記されています。

規制されているのは大麻草の「花穂や葉の部分」ということ。

大麻草であっても、大麻草の成熟した茎・種子規制対象外となっています。

つまるところ、「どこの部分を使った大麻なのか?」が合法か違法かのキーポイントになるということです。

大麻取締法について詳細を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

大麻由来の成分でもCBDオイルはクリーンなもの

先ほど、大麻取締法で確認した通り、大麻草であっても成熟した茎・種子であれば、違法性はないといえます。

しかし、世間の価値観は「大麻=犯罪」と捉えられてしまうのが現実です。

実際に、食卓に並ぶ七味唐辛子に入っている麻の実は大麻草の種子です。

食卓に違法薬物が並んでいたらビックリですよね。

それぐらい身近なところで、僕たちは生活に大麻を取り入れているのです。

日本の市場に並ぶ「CBDオイル」も「大麻の茎・種子」から抽出されたCBDが含有されたオイルです。

大麻の成分であっても犯罪からはかけ離れた存在です。

それくらい「CBDオイル」はクリーンなものです。

「CBD」について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

CBDオイル購入時の注意点

ここまで読んでくださった方に、1つだけ注意をお願いします。

先ほど、「CBDオイル」はクリーンなものだ!と言いました。

本当に大半はクリーンな「CBDオイル」です。

しかし、稀に「CBDオイル」から微量の「THC」検出される製品があります。

「THC」は大麻の違法成分です。(2020年5月現在)
https://takawos.com/thctoha/

厚生労働省のHPに該当製品が掲載されているので、確認してください。

厚生労働省HP(外部リンク)

厚生労働省のHPには、

大麻取締法上の「大麻」に該当する疑いがある製品である

厚生労働省HP(外部リンク)

と、記載されています。

この様に、意図せず「法律上の大麻」を所持してしまう恐れもあるのが事実です。

しかし、きちんと保健所等の機関に提出する等の対応をすれば、処罰の対象にならないことも事実です。

個人的には販売許可を出しておいて、微量のTHCが〜って曖昧な表現の仕方が気に入りませんが。

まとめ

少々「THC」絡みで面倒な部分があるかもしれませんが、原則「CBDオイル」は合法ということはご理解いただけたのではないでしょうか。

「CBDオイル」は使い方次第であなたの生活・健康に役立てることができます。

メリット・デメリットの比較をしても圧倒的にメリットが勝ちます。

こんな奇跡の様な効果を発揮することもあります。

さらなる「CBD」の効果・効能の研究が進み、日本でも「CBD」は合法という認識が広まることを願っています。

そして、「大麻合法化」が実現されることを切に願っています。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 


当サイトでは、大麻に関する情報を発信していきます。

ブックマーク・SNS共有よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました